教育プログラムの特徴

地球科学科で学べる科目

地球科学科では以下の図にあるような授業が開講されています

卒業
4年 専門応用科目
卒業テーマ演習1・2
フィールド調査法
3年 専門応用科目
環境気候学 陸水学
物質移動科学 同位体地球科学
測地学 地殻力学
火山地質学 地殻形成論
気象力学 環境生物学
第四紀学 恐竜学
日本列島形成史 地球史
地質情報科学 地震学
自然災害科学 堆積学
地球科学デザイン論1・2
気圏科学実習1・2
水圏科学実験
環境化学実験
古環境・古生態学実験
地圏科学実験1・2
地球物理学実験
固体地球物質科学実験
測地学実習
2年 専門基礎科目
気圏科学 水圏科学
地圏科学 環境化学
地球物理学1・2 火山学
岩石・鉱物学 地球環境統計学
古生物・古生態学 環境地球科学
海洋科学 技術者英語1・2
地球科学特講1・2
流体地球科学基礎実験2
固体地球科学基礎実験2
1年 導入科目
地球科学概論1・2・3
基礎数学 基礎物理学 
基礎化学 物理数学
流体地球科学基礎実験1
固体地球科学基礎実験1
入学
授業形態
 
ゼミナール形式
 
講義・演習
 
実験・実習
 
赤字:必修
 
黒字:選択必修

地球科学科の教育プログラムの特徴

地球科学科では、入学から卒業まで、導入科目、専門基礎科目、専門応用科目へと段階を踏んで、効果的に地球科学や地球環境について学ぶことができます。2年次からの専門基礎科目の前に導入科目がありますので、高校で地学を履修していない人も安心して学べます。

3年次より、達成度によって2つの教育プログラム(地球環境学プログラムと地球環境学総合プログラム)に分かれます。地球環境学プログラムへ進み、修了すると修習技術者となり、技術士国家試験第一次試験が免除されます。
詳しくは、2つの教育プログラムのページをご覧ください。

プログラムの特徴